価値のはなし

ツイッターでとある記事がバズっていて興味深かったのですが、内容がまあ要するに自作ゲームが完成しませんでしたとのことです。頓挫に至る経緯をユーモラスに箇条書きなさっていて読みやすく楽しい記事でした。マラソンに例えるなら彼は無念の中途中棄権しました。辛い決断に至るまでそれはそれは苦悩なさったことでしょう。万雷の拍手で褒め称えられ温かく迎えられた棄権者。美しい話ですね。

さて一方このマラソンを完走して作品を世に送り出した人間もいます。ですが何も待っていませんでした。無視です。感想どころかそもそもダウンロードされません。心血注いでやりきって何も待ってなかった。虚無です。ツイッターで宣伝しました。YoutubeにPVアップしました。何も、何一つ得られませんでした。私の一年半は完全に無駄でした。ゴミでした。私が完成させたゲームは未完成で終わった失敗談より価値が無いのです。何も他人様の記事にケチをつけよう何て気は毛頭ありません。サムネイルだけで耳目を引くような絵作りが出来ない私が全面的に悪いのです。完成した地味なものより未完成の目立つものの方が価値があるという当たり前の現実を今さら知った笑い話でした。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください